わらわらさんの-BLOG-ブログ

日常スナップ、お祭り、イベント、風景、動物などなど。使用機材:Nikon D700&D800/Olympus E-M5 :From Japan

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP | |

≫ EDIT

【カメラレビュー】Olympus E-M5


先々月、沖縄へ行くにあたって、新しいカメラを購入しました。
オリンパスのE-M5というカメラです。(OLYMPUS OM-D E-M5)
使って約二ヶ月なのですが、かなりいい感じなので記事にしてみました。
色々とあるのですが、5点にまとめてみました。


1.画質が良くなった

このタイプの(マイクロフォーサーズ規格といいますが)カメラは、
今までも十分に画質が良かったのですが、この機種から、さらに良くなっています。
今までは、夜間や室内などの暗い場所で手持ち撮影すると、
すぐに「ザラザラ」した写真になっていました。
この機種からは「無理をしなければ」納得のいく絵が出るようになりました。


夜景の手持ち撮影。とてもキレイに撮れます。
ISO感度3200まで、自分の中では常用可。




2.強力な手ブレ補正

実際に使ってみて、一番驚いたのが手ブレ補正。
シャッターを半押ししてピントを合わせた時に、手ブレ補正がかかるのですが
正に「ピタッ」と止まります。気持ちいいくらいに。
しかもボディ側に手ブレ補正の仕組みがあるので、どのレンズを付けても手ブレ補正がかかります。
この強力な手ブレ補正のおかげで、厳しい条件でも楽に撮影ができるようになりました。


今までは三脚必須だった、低速シャッターでの
川の流れを表現するのにも、うまく行けば
手持ちで撮影可能です。




3.使えるチルト式液晶&電子ビューファインダー

あらゆる条件で、使える二種類の液晶のおかげで、撮影の幅が広がりました。
チルト式の液晶画面は、地面スレスレのアングルや、人の頭の上からのアングルが簡単に撮れます。
太陽光が強く液晶画面が見えなくなった場合、内蔵型の電子ビューファインダーを覗けば、
スムーズに撮影することができます。またファインダーとオデコで支えることで、
手ブレ防止にもなり、確実な写真が撮れる確率も上がります。


砂浜を這うように移動する小さなカニを
地面スレスレの位置から。




誰もいなくなった部屋の角から
手をめいっぱい上げて、上から下のアングルで。






4.連写速度の向上

今までは1秒間に3コマでした。このE-M5では1秒間に9コマまで撮影できるようになりました。
ただし動体撮影は、あまり得意ではないので必須かと言われたらそうでもないです。


連射速度の向上により、シャッターチャンスを逃さない。


5.アートフィルターがオモシロイ!


オリンパスのカメラには、評判の良いアートフィルターが数多くあります。
アートフィルターを使うと、ひと味もふた味も違う写真にカメラが「自動」で仕上げてくれます。
自分で補正するよりも、いい感じになる事もしばしば。


ジオラマ
上空から見下ろした風景を、撮るとオモチャの様に撮れてオモシロ。



ドラマチックトーン
寂れた物や、雲の多い空の時に使うと雰囲気が出ます。




クロスプロセス
全体的に緑っぽくなり、独特なフィルム感が出ます。


この他にも、デジタル一眼レフカメラに比べて軽量コンパクトなのはモチロン。
防塵防滴仕様で、雨の日でも安心して使える。
動画性能の改善。操作系等の改善。などなど。
という感じでオリンパスE-M5は、様々な条件に対応し成功確率の高いオススメのカメラです。

改善・追加してほしい所としては、、、
動体撮影で使えるオートフォーカス
最高シャッター速度の向上(1/4000までなので1/8000までに)
感度の減感(ISO200からをISO100からでも使用できるように)
電子ビューファインダーをもっと高精細、広範囲に
チルト式液晶をSONY α55のような、バリアングル式に
デュアルメモリ搭載(SDカード2枚差し)
wifi内蔵
アートフィルター使用時の画面のカクつきをスムーズに
外観の質感をもっと高めてほしい
(重くなってもいいので、上下のシルバー部分のプラ部品を金属部品に。)

言い出したらキリがないけれど、実際に新しい機種にて搭載されているものばかりなので、
近い将来誕生しそうな予感。

| 機材 | 05:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP | 40-150mmF4.0-5.6 75mmF1.8 17mmF1.8 7-14mmF4.0 |















非公開コメント

http://hitorigurasiwara.blog23.fc2.com/tb.php/783-f905679b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。