わらわらさんの-BLOG-ブログ

日常スナップ、お祭り、イベント、風景、動物などなど。使用機材:Nikon D700&D800/Olympus E-M5 :From Japan

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP | |

≫ EDIT

■契約から新居鍵受け取りまでのまとめ

1.物件を探す
まず一人暮らしをしよう。と思いやり始めたのが物件探し。
地図上で楽に物件を選べるインターネット検索が便利です。
目ぼしい物件をいくつかリストアップしプリントアウトしておきます。

2.物件の下見を予約する
物件を取り扱っている仲介屋に電話。
プリントアウトするときに仲介屋ごとにまとめておくといいかも。
下見したい物件名(番号で管理しているのでプリントアウトした物件についている番号を言いました。)
日にちを指定して、予約完了。
担当者の名前はメモ。

3.下見は必ずしたほうがいい
ドキドキしながら資料を持って仲介屋へ。
下見してすぐに契約するかもしれないので一応、
印鑑と前金(家賃一ヶ月分くらい)もあったほうがいいかも。
私は下見後すぐに決めてしまったのですが、お金がなかったので近くの銀行まで送ってもらいました;
仲介屋へ行くとイスに座って担当者の方と事前の話し合いをしました。
担当者によってはリストアップしておいた物件以外に
自分にあった物件を探してくれてたりします。なんか嬉しいですね。
回る物件を確認したらいざ下見へ!
担当者が営業車に案内してくれますので後についていきましょう。
男同士だったからかな。どうかな。担当者の方、
お客さん(自分)を乗せてるのに気にせず飛ばします。
さすが北●州クオリティbその分、早くつくからいいけど^^;
下見をして思ったのがプリントアウトした間取り図を見るのと
実際の物件を見るのとでは全然ちがう。ということ。
5件ほど回りましたが、そのうち良かったところが1件だけだったという。。
下見は必ずしたほうがいいです。
ロフトのある物件ははしごがあり、間取りよりかなり狭く感じました。
ベッド持ち込まない方はいいかもですが、ベッド設置される方はロフトなしの
物件がいいかも。

4.契約の時の書類・お金
物件が決まったら早速契約!
書類に名前、住所、連絡先、勤務先と連絡先など記入する。

審査するために免許証など本人確認ができるものも提示。

そして前金として家賃の一ヶ月分を払う。
火災保険に加入。資格を持っている方が出てきていろいろと説明してくれます。
排水溝の殺菌申込書にサイン。
(1万くらいかかるとのこと。加入者全員に申し込んでもらっているらしい)
最後に引っ越し前、引っ越し後の書類を渡されて、この日は終わり。


必要書類が見本書類などあり整理してあってとても分かりやすかった。
保証人に書類に記入してもらい
印鑑証明書(役所でもらってきてもらう)
家賃の振込先の書類
賃貸の管理業者との契約書類

審査が通ったら連絡がきて、書いた必要書類を持っていく。
鍵の受け渡し日が決まったら連絡するとのこと。
後日連絡があり鍵を受け取りに行きいよいよ、念願の一人暮らしだ!

| 契約から新居鍵受け取りまでのまとめ | 11:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP | |















非公開コメント

http://hitorigurasiwara.blog23.fc2.com/tb.php/5-79c36f39

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。